デイトレーダーの魅力と短所 



よく耳にするようになったデイトレーダーという言葉

iurewr デイトレーダーという言葉を経済関係のニュースや番組で耳にする機会が増えていると思います。それではデイトレーダーとは具体的に何なのでしょう?デイトレーダーとは主に株式、FXを一日単位で取引する個人投資家の事を指します。では、デイトレーダーには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?株式などの取引は、昨今はネットで個人が気楽に行えるようになってきています。スマートフォン用のアプリなども無料で提供されていて、それこそ場所を選ばずに取引が出来るのです。

まず、株という物は一日の内に変動します。最低でも1円から2円の差があり、大きくは100円以上の差があったりします。株の最低単価は様々ですが、デイトレーダーが狙うのは大体金額の小さい株です。なぜなら単価が小さい程変動が全体の金額に大きく影響するからです。つまり1円の株を100株買った場合100円で購入という事になります。

これが2円になれば200円、いきなり倍です。これが1000株、10000株となればどんな事になるかは理解出来ると思います。デイトレーダーが行うのは、株価が低い時に購入し、株価が高くなった時に売る。それだけなのです。ただし、いつがその株の最低価格で、いつが最高なのかは本人の勘に頼るしかありません。

もちろん購入する株の会社についての下調べ、日本や海外の経済の流れ、また取引を行っている人の心理など、事前に学んでおくべき事は沢山ありますが、最後の最後、購入と売買はほとんど勘です。なのでもちろん、どれ程能力の高いデイトレーダーでも損をする事もあります。しかし、彼等は損をする場合も、最低限に留める為に損切りと言って、ある程度下がったら即売ってしまうように努めます。

その、買い時の見極め、売り時の見極めがこのデイトレーダーとしての力と言えるでしょう。この取引の仕方から分かるように、デイトレーダーには一種ギャンブルじみた面白さがあり、そこにハマってしまう人が多いのも確かです。変動幅が大きい株を上手く安い時に購入して高くで売れれば、それは大きな儲けとなり、一日でそれこそ数百万を手にする人もいます。

つまりデイトレーダーの魅力というのは、自分の知識と洞察力を使って、更にある程度の運も必要としながら大金をゲームのように取引する。そこにあると言って良いでしょう。間違いなくこれは面白い取引であり、陶酔感があります。ただ、デイトレーダーとして成功する為には、このゲームのような感覚に呑まれないような冷静さこそが必要だと思うのです。