デイトレーダーの魅力と短所 



よく耳にするようになったデイトレーダーという言葉

iurewr デイトレーダーという言葉を経済関係のニュースや番組で耳にする機会が増えていると思います。それではデイトレーダーとは具体的に何なのでしょう?デイトレーダーとは主に株式、FXを一日単位で取引する個人投資家の事を指します。では、デイトレーダーには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?株式などの取引は、昨今はネットで個人が気楽に行えるようになってきています。スマートフォン用のアプリなども無料で提供されていて、それこそ場所を選ばずに取引が出来るのです。

まず、株という物は一日の内に変動します。最低でも1円から2円の差があり、大きくは100円以上の差があったりします。株の最低単価は様々ですが、デイトレーダーが狙うのは大体金額の小さい株です。なぜなら単価が小さい程変動が全体の金額に大きく影響するからです。つまり1円の株を100株買った場合100円で購入という事になります。

これが2円になれば200円、いきなり倍です。これが1000株、10000株となればどんな事になるかは理解出来ると思います。デイトレーダーが行うのは、株価が低い時に購入し、株価が高くなった時に売る。それだけなのです。ただし、いつがその株の最低価格で、いつが最高なのかは本人の勘に頼るしかありません。

もちろん購入する株の会社についての下調べ、日本や海外の経済の流れ、また取引を行っている人の心理など、事前に学んでおくべき事は沢山ありますが、最後の最後、購入と売買はほとんど勘です。なのでもちろん、どれ程能力の高いデイトレーダーでも損をする事もあります。しかし、彼等は損をする場合も、最低限に留める為に損切りと言って、ある程度下がったら即売ってしまうように努めます。

その、買い時の見極め、売り時の見極めがこのデイトレーダーとしての力と言えるでしょう。この取引の仕方から分かるように、デイトレーダーには一種ギャンブルじみた面白さがあり、そこにハマってしまう人が多いのも確かです。変動幅が大きい株を上手く安い時に購入して高くで売れれば、それは大きな儲けとなり、一日でそれこそ数百万を手にする人もいます。

つまりデイトレーダーの魅力というのは、自分の知識と洞察力を使って、更にある程度の運も必要としながら大金をゲームのように取引する。そこにあると言って良いでしょう。間違いなくこれは面白い取引であり、陶酔感があります。ただ、デイトレーダーとして成功する為には、このゲームのような感覚に呑まれないような冷静さこそが必要だと思うのです。

公共投資

世の中には、色々な投資があります。
個人投資があれば、民間企業の行う投資、そして国や自治体が行う公共投資と幅広いジャンルの投資が挙げられます。
個人投資は、株売買で自分の利益を求める投資や資格取得等、自分を高めるための自己投資も意味することがあります。

民間企業においても、設備投資、研究投資と企業の利益拡大、事業拡大のためのものです。
それと比べて、国や自治体が行う公共投資は、道路や通信、そして、国民の生活が豊かになるための投資、すなわち公共設備やインフラの設備を拡充させたり、更新することに用いられる投資の意味合いが強いのです。

これらの投資は、確かに国民全体の生活を豊かにしてくれることが目的でもなりますが、公共投資を予算とした工事や建物の建設工事などです。
これらの工事を民間企業が仕事を受けて仕事をすることになります。
このように、民間企業が国の予算を利用して仕事を受けること、それが企業の利益につながり、社員の収入にも還元されることになります。

これが公共投資のもう1つの目的となります。
一種の景気浮揚索とも言えるのです。
公共投資の予算源は、国の国家予算から捻出されますか、その大本は国民の税金です。
これらのお金が回り回って公共投資となるのです。

公共投資の意義は、このように国民一人一人の生活においての利便性や夜の中の景気を底上げすることが、目的となることが大きいのです。
しかし、最近の公共投資は、インフラ設備も含まれていますが、ハード面だけでなく、ソフト面での投資も増えてきました。

身近なところで言うと、義務教育の小中学校の関係です。
義務教育で一番遅れているのが、IT設備です。
パソコンやタブレットやインターネット関係です。
これらの設備は企業や一般家庭の方が利用の機会が進んでいます。
教育現場でもこれらの機器を使うことが増えてくるのですが、IT系に詳しい人材が不足しています。

学校で利用機会を増やすためには、ITに詳しい人材を増やしていかなければなりません。
この分野で詳しい人材教育や人材派遣が出てくるのですが、これも公共投資の中で、予算措置が図れることがあります。

他の分野では、シルバー関係。
超高齢化社会となる中で避けて通れないのが、介護の問題です。
介護施設を拡充することも重要なのですが、介護士の給与が他の職種と比べて低く、他の仕事への転職からか、人材不足が懸念されています。
彼等の給与改善も公共投資に近い形で予算措置されます。

このように公共投資の目的や意味合いは少しずつ変わってきています。